節約のためにお昼ご飯は自分でお弁当を作るように

それほど無駄遣いをしているという認識はないのですが、一向に私の貯金の金額は増えません。
でも、同じくらいのお給料で、私よりももっと上手くやりくりできている人はいるでしょう。
人それぞれのライフスタイルは違っていると思いますが、私の普段の生活のどこかに、無駄遣いをしている部分があるのだと思っています。
節約や貯金をするときに、好きなものを我慢してお金を貯めるというのはとても難しいことです。
それに、ストレスになってしまうと逆効果になることもあると言ったりします。
なので、楽しいことや好きなことを我慢するのではなく、止むを得ずお金を使っているところから節約してみようと、最近考えるようになりました。
で、真っ先に浮かんできたのは、平日仕事をしているときに、コンビニで買っているお昼ご飯です。
別に好きでもないし、美味しいとも思わないのに、仕方なくコンビニで済ませているという感じがしています。
なので、最近はおむすびを作り、冷凍食品のおかずなどを駆使して、なるべくコンビニを使わないように努力しています。

ぼんやりかぁちゃんのぼんやり日記。小麦アレルギー

ぼんやりかぁちゃんのぼんやり日記。小麦アレルギー
今日は次男(1歳4カ月)の定期健診。
長男(4歳)も電車に乗ってお出かけがしたかったのか、休みたいと駄々をこねズル休み。かぁちゃんは一人でも少ない方が楽なのにと思いながら連れて行く事に。
次男は小麦粉と卵のアレルギーですが、前に食物負荷試験をした時にはそーめん1グラムを一週間食べさせてなにもなければ1グラムずつ増やしていく形で終了。1グラムずつなんてすごくめんどくさいと思いながら最初のうちは湯がいたそーめんを計りで1グラムずつ分け毎日あげていました。5グラムくらいになったところである日、すごくパンを欲しがりパンくずをドキドキしながらあげてみました。身体とかに目立った症状はなく。面倒くさがりがダメだけどそんな私は毎日少しずつパンもあげていきました。すると、今ではスティックパン一本食べても問題もなく。晩ご飯で唐揚げをした時に別で次男の分を作るのが面倒な私は唐揚げも少しあげてみたり。なんでも少しずつあげていきました。ハンバーグも手づかみで食べれるくらいの大きさなら問題もなく少し料理が楽にならました。そーめん10グラムくらいでうどんに変更。うどん10グラムをあげた時は顎が少しだけ赤くなったけどすぐ治り。次男もうどんが美味しかったのか食べ終わると泣いてしまう結末。こうして今日、病院の先生に伝えたら目をキラキラさせて感動してもらいましたが「順調に進んでるみたいで良かったです。このまま続けて下さいね。お母さん、そーめん1グラムずつが面倒くさかったんですね。」とニッコリ笑顔で言われ「そ、そうですね!早くでも色んなものを食べれるようになればと!」と私はタジタジに。まぁでも、最初から負荷試験で2グラム食べたときに嘔吐したあの頃の次男を思い返すとすごく成長したんだなと嬉しく思います。帰りは「疲れたー!」を連発する兄を一生懸命応援し片道30分以上をリュック、抱っこ紐に次男、ベビーカーに荷物を押した私を褒めてあげたいです。3万円融資

どうしても内勤はふとウンザリですなあと受取る近頃

最近は外での職務が少なくて、中での職務が多いものである。
雨が降り易い時節でもあるので、そういったことはある程度は仕方がないのだなあと思うけど、とにかくヒマです。
職務は主に端末と実録に向き合って仕事をするようなことが多いものですから、同じ職務でヒマになりやすい。

細かい間違いがないかというよな検索も同じコピーや画像がたんまりだからなかなか間違えないようにするのは大変である。
細かすぎて確認するのが漏れてしまうと、また置き場から操作に陥るようなケースもあるのではなはだ志がそがれるような気持にも患う。

外でペラペラやっていたほうが考えるようなことも少ないし、運転中も結構明るいから外の方がいいのだよなあ。
外の職場もそこまで同じことを考えたり控えるものだから、あっているようなコンポーネントがいるもので。

おや、もうちょっと外の職務が伸び悩むかなあとここモヤモヤしている直感が強いだ。

パソコンを購入したので色んな事に挑戦したい

パソコンを購入してもうバリバリ使っています。パソコンを購入して本当に良かったと思います。今まで、携帯電話で作業していた事がパソコンでできる様になりました。
こういう文章を作ったりするのはどうしても私はパソコンの方が楽だと感じてしまいます。携帯電話が使いこなせていないっていうのもあります。
今年はこのパソコンを相棒に色んな事を始められたらいいなと思っています。今のうちなら、仕事時間が短いので余裕があります。今だったら新しいことを始めるチャンスです。仕事を変える相談も今ならしやすいと思います。仕事は今のままにして好奇心だけ育てる様に頑張るっていうのもありかなと思います。コツコツ努力すると報われるタイプらしいです。何をするにしてもちょっと今は疲れ気味らしいので、ちゃんとした睡眠時間が取れる様に努力をしたいと思います。90分長くしてみようといわれ、また睡眠時間だけではなくて、寝る環境も大切だと言われてしまいました。善処します。

朝からアイスを何本も食べ過ぎた利益。当然の結末

朝から器物アイスを何本も食べていた長男。
以前は食べ過ぎは弱々しいとか、毎日何本とか言っていたけど毎年訊く耳を持たなくなってきました。
今日も見極めるたびに口に入れていて、あぁまだ食べてるなぁ。でも自分の取り分が涸れるだけだしと放っておいてました。
半袖だったのが途中から長袖を羽織ってまで食べ続けていました。体調が冷えていたんでしょね。
そのうち冷凍の棒ドリンクも食べてもいいかと聞いてきました。
自分で良いと思うなら勝手に何とぞ。いま買ったばかりだから次はゼロウィーク後にしか買わないからねと報じるも、自由自在食べ始めました。
只何本食べたんだろう?器物アイスを10図書に冷凍の棒ドリンク3図書。
全身蒼白、ブラブラになりながらその場から消えました。下痢に吐き気。それから数分便所にこもることとなりました。
感触お粗末な上にゼロウィーク分のアイスはなくなりました。
これでこりたのか?こりずにいつかも無茶食いを積み重ねるのか。
わたしだったらもう一度アイスを見ただけで吐き気が襲ってきそうです。

コートのフードにひっかかっているハンガーの謎

先日、会社から家に帰る途中で、思わず二度見してしまうような奇妙な光景を目にしてしまいました。
家の最寄り駅の改札を抜けて、階段を降りていると、前に薄手のダウンコートを着たおじさんが歩いていたんですね。
しかし、そのフードに、黒いプラスチックのハンガーが引っかかっていたんです。
どういうコートの着方をしたのかよくわかりませんが、普段ラックに掛けてるハンガーなのでしょう。
しかし、おそらくこの目の前にいるおじさんも、私と同じように朝仕事に行って、今はその帰りなんだとおもいます。
そう考えると、このコートのフードには一日中このハンガーが掛かったままだったということになります。
昼間の間、ずっと外にいてコートを着っぱなしの状態であればともかく、一日でコートを脱ぎ着すれば、どこかで気が付きそうなものです。
もしくは、会社の中で誰かが「ハンガーついたままですよ」と気が付いて指摘してあげても良いような気がするのだが…。
一体このコートのハンガーがどこから来て、どんな風に一日を過ごしていたのかを考えると、なかなか謎が多い光景でした。

ドラマの様なとても気まずい瞬間を体験しました。

先日本業の会社の社長の誕生日会がありました。そこで社員一同からと言うことで社長に少し高級なコップをプレゼントしたのですが本来は社員で割り勘にすれば良かったのですが部長の計らいで女性陣はお金を出さなくていいよと言ってくださいました。
正直財布も寂しかったのでこの計らいは大変有りがたかったので気持ちを頂く事にし、代わりに色々と誕生日会の手伝いをする事で男性社員にお礼をしようと言うことになりました。
そして無事に誕生日会も終わり数日後に一人のときに何気なく社長にプレゼントのお礼を言われて少し気まずい気持ちになりました。
私もすっかりプレゼントの事を忘れていたし、まさか社長に女性社員はお金を出していないのでお礼は男性社員に言って下さいとも言えず、ニコニコしながら早く切り上げようと何とかその場をしのぎました。
おかげで寒い日のはずなのに何だか変な汗はかくし不意討ちで来るのは心臓に悪いので止めてほしいなぁと思い今後話題に上らないことを祈るばかりです。

絶滅の魚が見つかった!?『さかなクン』大手柄!!

2010年にかなり珍しいことが起きました!

なんと、日本の固有種であるクニマスが、絶滅が宣言された1940年から、70年の時を経て再発見されたとのことです!

この偉大な業績を残したのは、魚に関する知識なら右に出る者はいない、東京海洋大学客員准教授である『さかなクン』です!!

クニマスはかつて、秋田県の田沢湖にのみ生息する日本の固有種でしたが、水質汚染の影響で1940年に絶滅が宣言されてしまいました。

絶滅が宣言される前に人工繁殖が試みられ、各地の湖に卵が送られ、実験が開始されましたが、成功したとの報告はありませんでした。

今回クニマスが再発見された場所は、かつてクニマスの人工繁殖が試みられた湖の一つ、山梨県にある西湖です。

この西湖のクニマスは人工繁殖の際に放流された卵が孵化し、繁殖を繰り返して現在に至ったと考えられていますが、
卵が放流された後、卵が孵化したのか、クニマスの生息状況はどうなっているかなどは長年不明であったと言われています。

いずれにしても、絶滅したはずの動物がまだ生きていたことは本当に喜ばしい出来事です。

そして、それを発見した『さかなクン』はさすがとしか言えませんね!

ヨーロッパ旅行に向けての準備がまったく進まない

来月、ハンガリーのブダペストに1週間くらいかけて旅行する予定です。準備しておきたいことが山積みなのですが、まったく準備が進みません。とりあえず「地球の歩き方」とかわいいお店を紹介した本は購入しましたが、スケジュールが真っ白です。ブダペストに行くことは決めているものの、具体的に何をしようというのが決められていません。とりあえず、物価が安くて、景色がキレイなので、お金がなくても楽しく過ごせそうだなあという印象です。イギリスやフランスなどの有名観光地よりも物価が安く、滞在費もおさえられそうなので、ブダペストを目的地に決めました。自炊もして滞在費をおさえたいので、ホテルではなくアパートの一室を借りることにしました。ブダペストの中心部にあって大きな駅からも近いのに、9泊で2万円と格安です。しかも部屋のレイアウトもかわいくて、大家さんは英語でもやりとりができるので、かなりうれしいです。ぜんぜん準備が進まないけれど、早くブダペストに行きたいなと思います。ミュゼ ログイン できない

検索キーワードで明るい中高年サイト・シニアコミュニティ

土日の休日に中高年のコミュニティを検討、インターネットは繊細で、2つ目のキーワード語彙でサイトがバリエーション豊富になりました。最初に検索の時には平凡で地味な中高年サイトのコミュニティ、検索結果にあったのはお行儀がよいけれど、ブログなど読んで馴染めそうにないというスペースでした。でもこの時は検索キーワードに中高年しか浮かばなかったので、これかなとリストアップしましたが、どうも気が向きませんでした。日常で使うサイトだから気質と相性のよいスペースがベストですね、中高年でこれというのが無いのだから登録という感じでしたが、パソコン使っている内にシニアの文字がありました。たまに使うけれど思いつかなかった一語、このワードでシニア・コミュニティによいかな〜というサイトが並んでいました。中高年で検索した表示より明るくて特集読み物も関心あり、健康とか経済とか話題が豊富、会員さんのブログもきちんと綴っていてよい雰囲気でした。熟年層はよい大人ですが和みとかリラックス効果が必須、シニアで表示のサイトはイメージ通り明るくて馴染める感じがしました。ページのレイアウトもさっぱりの中高年向け、細かいと見ずらいのでこの点もベストです。登録したらログインは毎日、念のため再度探したことと、地味なサイトに登録しなかったのはラッキーでした。