お布団を干そうと思ったらサッシで手を切ってしまった

長期予報では雨でしたが晴れまして、布団を干そうとしたらアルミサッシの金具の部分に手をぶっつけて、指の皮膚がきれてそこから出血しました。どういうわけかあまり痛みを感じなかったので、布団を干してから考えようと思ったら血が噴き出してきました。慌ててばんそうこうをさがして、そのかん血がしたたり落ちて布団は赤くなっている。そして時間経過してから痛みがやってきた。ばんそうこがどこにあるかもわからず、パニックになって右往左往してしまった。なんだかついてないなと思いつつ、出かける時間がやってきてしまった。

しかし年のせいなのか、痛みとか疲れが後からやってくる。鈍くなったのかな。幸いまだ老眼にはなっていませんが、痛みをあまり感じないというのは一般生活にとってはいいのかもしれないけど、大きな衰えとか障害につながるのでかえって危険なような気がする。なんかの病気なのかも気になる。年々衰えを認識するなんてなんだか寂しいな

おいしい牛乳って、確かに美味しいんだよね

先日、久しぶりに明治のおいしい牛乳を飲む機会がありました。
私はずいぶんと前から、朝と夜にコップ一杯の牛乳を飲む習慣があるのですが、それほど牛乳の味にうるさいというわけではありません。
なので、よっぽどまずいものでなければ、どのメーカーの牛乳でも構わないというスタンスです。
最近では、スーパーやコンビニに並ぶ牛乳というのは、どこも自社のプライベートプランドがいちばん安かったりすることが多いんですよね。
なので、明治だとか雪印だとか、そうした大手メーカーの牛乳を飲む機会というのは、ほとんどなかったのです。
でも、先日、おいしい牛乳を購入したのは、コンビニでいつも買うプライベートブランドの牛乳が品切れだったから。
そういう事情で、仕方なしにちょっとお高めのおいしい牛乳を購入したのですが、久しぶりに飲んだ感想は、やっぱり美味しいということでした。
やはり値段が高いというだけはあるし、はっきりといつも飲んでいる牛乳とは味が違うというのがよく分かります。
おいしい牛乳は、最近パッケージを変更して値段もちょっと上がってしまったのですが、それでもやっぱり納得の美味しさだと気が付かされました。http://thecw.co/tsudobarai.html