ワーク記録や表企画ソフトについて

ワーク文書などについて実践しました。交差するわくの一つひとつをセルとよびます。また、セルが太線で囲まれているわくをセルポインタとよび言葉・ナンバーなどを入力できる場所を示しています。なお、こういう大きな値ひな型トータルはワーク文書と効く、そのワーク文書数カ所をまとめてブックとよぶこともあります。セルポインタの現すセルを盛んセルまたはカレントセルといいます。ディスプレーには+の記号が表示されていて、これをマウスポインタといいます。セルポインタは、マウスのハイパーリンクをクリックするかカーソル運行カギによって、世間の中間を自由に移動することができます。各セルは、列ナンバーと行ナンバーの取り合わせでその場所があらわされ、これをセル番地といいます。スクロールバーやセルポインタの運行で、ディスプレー(世間)の提示領域が変位反映に遠ざかることをディスプレーのスクロールといいます。表算段ソフトでは、入力する数値の先端が英字、カタカナ、ひらがな、漢字の言葉であれば言葉(言葉列)としてメンテされます。知らないこともあったので復習狙うなと思いました。http://xn--eckr4nmbzet23wol1b.xyz/