朝から起きていたり案内を見たりしてた

昼前前もって起きていました。最近は、何だかは分かりませんが素早く目が覚めてしまう。今回は、いつに来るかは分かりませんが、出前を見せるのでひとまず早く起きてた方がいいかなと憧れ、素早く起きました。その間に家財道具の確認をしたりしていました。忘れているものはないかとか、確認していました。果てしなく久しぶりに家財道具を届けるので、ほんのり不安もありました。それをやりながら、TVを見ました。朝から媒体をやっていたので、それを見ました。五輪に関する媒体をやっていました。どうしても、五輪ならではのアクシデントもあるみたいです。何とか何も起こらずに、五輪が終わったらいいなと思いました。そして、訓練をしました。植物は自ら動きできない結果、景気の変動を盛込みながら生活していかなければなりません。また、植物には調教に応じたフィットも見られます。このようなことを少しだけ覚えましたが、二度と勉強したいと思います。http://www.protoexpress.co/kakaku.html

バックギャモンで「ひと悶着」の醍醐味を味わおう

私のハマってる趣味は「西洋すごろく」と呼ばれているボードゲーム「バックギャモン」です。

日本ではあまり知られていないゲームですが世界では3億人のプレイヤーがゲームを楽しんでいると言われています。
このゲームは中東が発祥の地といわれ、トルコなどの国では道端にゲームボードが並べられるほど日常に馴染んでいるもののようです。

さて、どんなゲームかと言いますと簡単に言えば二人対戦型ゲームでボードに15個のコマをそれぞれ並べ配置し、
2個のサイコロを交互に振りその出た目に従ってコマを進め、自分の陣地に全てのコマを入れ、そこからボードの外へ早く上げた者の勝ちというものです。
途中、お互いのコマが交差するのですが、そのときに「ひと悶着」あるわけですね。その「ひと悶着」が面白いのですが逆転、逆転、また逆転ということもよくあります。

サイコロを振るのでよく、運のゲームでないかといわれますが深く付き合っていくとこれがまた戦略ありの定石ありので学習することで
強くなれる要素が多大にあります。ですので私は運3割、実力7割と思っています。

みなさんもこのゲームの醍醐味。ドキドキ、ハラハラの「ひと悶着」を体験してみませんか?きっとハマりますよ!http://nyota.co/musee-unaji/