眠たくなったら私の背中で昼寝をする我が子

我が子の昼寝の仕方は面白いのです。
昼寝をする時間に、私が床にうつ伏せの状態で寝転がっていると、我が子は背中に「よいしょ」と登ってきて、そのまま寝てしまうのです。
私と同じ格好になっている状態です。
そうすると私は、しばらく身動きが取れなくなり、足や手がしびれてきます。
ぐっすり眠ったら「よっこいしょ」となんとか我が子を抱っこし、布団に寝かせます。
背中に乗っている我が子の顔は見えませんが、スースー気持ち良さそうな寝息が聞こえ、全身の力が抜けているのがわかるので、重いですが何だか愛おしい気持ちになります。
しかし重いし、同じ体勢も辛いですし、我が子を背中からおろすのに苦労します。
「もう、このままでもいっか!」と我が子を背中に乗せたまま手元で作業できることをしたり、そのまま一緒に昼寝したりすることもありました。
私の背中で昼寝したり、日々いたずらもされますが、結局どんな状況になっても、我が子は可愛いものですね。