ごく普通の黒い靴を買いに近所のABCマートに行ったら閉店していてかなり困ったという話

ごく普通の黒い靴を買うのは、だいたい急な法事の時ということになる。昨日も親戚の法事が急に入り気がつけば、僕の黒い靴はほとんどが古くなっていてここに引っ越す時に全て処分してきたため、速攻でごく普通の黒い靴を買う必要ができたわけです。いつだったかイーアスつくばに行ってぶらぶら物色していた時、ABCマートがあってスニーカーを買った時に、そーいえばごく普通の黒い靴が一足もないので買おうかなーと思ったことがあったんだけど、近家の所にもABCマートがあるのでいつでも買えるよーなどとスルーしたわけなのです。ということで、今回の急な法事でも、近所にABCマートがあるので大丈夫だよーなどと思って行ってみるとお店が閉まっていたわけです。それは昭和的にいうと「ガーン」ということになるわけでかなり困ったわけです。ごく普通の黒い靴というのは、簡単なようで簡単じゃないわけです。ややもすると変なものを買ってしまって、履きづらくて1回だけで処分なんてこともよくあることで、ここはよくある安売り靴センター的なお店ではなく、ABCマートを選択する必要があるのです。そんなわけで、優先的に時間をとってちょっと遠くのABCマートにごく普通の黒い靴を買いに行ったという話なのです。